2/10


「ねえ、ミサト。お金ちょーだい」

「え? お小遣い出したばっかじゃない。…いくら欲しいの?」

「えーと、2万円くらい?」

「一体、何買うのよ、そんな大金」

「チョコよ、チョコレート」

「チョコって……ああ。でも2万円も?」

「いいチョコは高いんでしょ?」

「…はは〜ん、分かった分かった。いいわよ」

「何ニヤニヤしてんのよ? まあ、いいわ。サンキュ。…これでシンジのバカに2万円の三倍だから6万円か。うふふ…」

「って、ちょっと待ってアスカ。チョコ買うんでしょ? 何よ、その計算は?」

「え? なにってバレンタインデーよ。 特定の相手にチョコ贈って、相手はその三倍返しが基本ってヤツ。
 現金でなくお菓子を使って行う、投資による利益回収を学習、実践させるトライアルデー。
 日本の学校にしてはいいセンスよね♪」

「…その説明は誰に聞いたの?」

「リツコ」

「……一応、忠告しておくけど、明日あたり洞木さんかマヤあたりに聞き直したほうがいいと思うわよ?」















2/11


「まったく、リツコに騙されたわ。
 トライアルデーじゃなくて全国規模のイベントで、おまけに意中の男性に告白する意味もあったなんて…」

「日本じゃ、知らない方がおかしいんだけどね、普通は」

「…ふん。でも、三倍返しは同じでしょ? まあ、いいわ。せいぜい高いチョコくれてやるわよ」

「あのね、プレゼントするチョコの豪華さと、相手に対する想いが正比例するのも知ってる?」

「し、知ってるわよ、もちろん! でも、ほら、『義理』っていって渡せば…」

「どうかしらねー?」

「じゃ、じゃあ、チョコ本体にでっかくホワイトチョコかなんかで『義理』って書いてやるわよ!」

「…それって、誰に加工させるのよ? 言っとくけど、あたしできないからね」

「あたしも出来ないし漢字書けないから……シンジ?」

「アスカ、あんたおバカさん?」















2/12


「誤解されるの嫌なら、シンジくんにあげなきゃいいじゃない」

「…ちっちっち、甘いわね、ミサト? だから、これは投資なのよ。
 確実に回収できて、かつ利益を上げられるよう投資するのよ、あたしは。
 それにね、あのバカは他の女の子から絶対チョコ貰えないタイプでしょ?
 要は株と同じで独占できるってわけ。
 つまり他の複数貰っている連中と比べ、アイツに贈れば還元率100%。しかもあたしにだけ還ってくるわけよ」

「…さすがね、アスカ」

「トーゼンよ! 今すぐにでもあたしは一流のトレーダーになれるわよ!?」

「いや、そっちじゃなくて、完璧に理論武装してるトコ」


















2/13


「今日さ、チョコ買いに行ってきたんだけど…。なによあれ? なんでカップルで買いに来てるのよ!?」

「そういう人も多いみたいね」

「まったくバカじゃないの? プレゼントする相手と中身を一緒に選んで、何が楽しいのかしら?」

「そりゃあねえ、チョコと一緒に気持ちを贈るってことだから…」

「違うわよ、あたしが言っているのは、いわゆるプレゼントという定義について!
 確かにプレゼントを貰えれば嬉しいわ。
 でもね、中身の分かり切っているものより、中身の分からないものの方が、贈られた方のインパクトは全然違うでしょ?
 そもそもプレゼントってのはかくあるべきなのよ!
 いわゆるサプライズ効果といって、これは戦時中の最新兵器一つとっても有用で、相手に知られないことこそが最大の武器であり…」

「ひょっとして、誤魔化してない?」 
















2/14


「帰ってくるなり、なに浮かない顔してんのよ、アスカ?」

「ミサトー…? んー、シンジのバカがねー、なにげに他の子からもチョコ貰っていたみたいでねー…」

「へー、それで凹んでいるわけね?」

「当然よ!! …他の子も絡んできたら、お返しが分配されて還元率が減るじゃない…」

「ま、そーゆーことにしておいてあげるわ」

「なによ、その言い方? いっとくけどね、あたしは…!!」

「あ、シンジくん、お帰り〜」

「ちょっと、シンジ? あんた今日ね…って、待ちなさいよ、ねえ!!」

「…いってらっしゃい〜」







「あはは、ミサト、やっぱシンジったら、あたしのチョコしか貰えないんでやんの!!」

「…へえ?」

「なによ、その顔は? 本当よ? 
 アイツの部屋の中、それこそ鞄の底からひっくり返して探してみたけど、他のチョコなかったんだから。
 あたしのチョコ一つだけ大事そうにしてさ『もったいなくて食べられない』だってさ!!」

「ふーん…」

「それにしても、シンジのヤツ、なんか鼻血が止まらないってティッシュ詰めてたんだけど。
 こんな遅くまでフラフラしてきて、あのバカ、ケンカでもしてきたのかなあ?」

「…アンタたち、本当に可愛いわねえ…」

「は? どーゆー意味よ、それ?」

「さっきから、全然地面に足ついてないわよ、アスカ」

































おしまい



















2005/2/14




戻る